電磁探査(TDEM法)適用調査

地熱開発、火山調査 等

概要

Time Domain Electro-Magnetic (時間領域電磁)法の略称で、地下数kmまでの大深度探査を特徴とします。

地盤に直流電流を流しておき瞬時に遮断すると、磁場の急激な変動により大地に渦電流が生じます。
この渦電流は、地下深部に浸透していくと共に、地下の比抵抗構造に応じた減衰挙動を示します。
TDEM法では、これら渦電流が作る磁場の減衰過程を、地表から観測する事で地下の比抵抗構造を求めます。

測定方法

測定模式図

CSAMT法と同様に、送信と受信から構成されます。

送信源における作業はCSAMT法とほぼ同様ですが、地下深部を探査対象としたTDEM法では信号源に大電流を必要とする為、容量の大きな発電機を使用します。

測定作業では各測点ごとに、鉛直方向に設置したインダクションコイル型磁場センサ を用いて磁場を観測、信号波形を測定器に記録していきます。




測定時間 30分~/1測点
※測定場所周辺の電気的、電磁的なノイズ状況により異なります。
作業人数 送信局:1~2名
受信局:2~3名
Copyright © 2019 NEOSCIENCE CO.LTD. All Rights Reserved.