TD-View概要

本探査システムを用いれば、深度200m付近までの比抵抗構造を、簡便に、かつ迅速に測定することができます。

原理

突然に変化させた電流(磁場)を信号として用います。
この電流(磁場)の変化は地下に電磁誘導を引き起こします。
地盤に引き起こされた電磁誘導は地下の比抵抗構造を含み、その誘導された電磁波の波形を解析することにより地下の比抵抗構造が求まります。

TDView機器仕様

内容 項目 仕様
送信機
(トランスミッター)
最大出力
最大電圧
最大電流
通電時間
8kw
800v
10A
10,20,40,80msec(×4/サイクル)
発電機 最大出力
電圧
周波数
5.5kw
200v(三相)
60Hz
送信用高精度時計
受信用高精度時計
ルビジューム
水晶
GPSによる完全同期
GPSによる完全同期
受信器 サンプリング間隔
AD分解能
チャンネル数


増幅率
波形処理
センサー
測定値
2μsec
24bit
4ch(最大)
(通常Hz(垂直磁場成分)の1チャンネルを使用)
-10~20dB[10dBピッチ]
スタッキング、デジタルフィルタ
インダクションコイル
波形(コイルによる受信波形)
Copyright © 2019 NEOSCIENCE CO.LTD. All Rights Reserved.